毛髪再生


毛の生えていない場穂に自然な毛を再生すること.

手技

この方法は毛髪移植とも呼ばれますが、毛包を一つの場所(通常は後ろ頭)から外科的に切除して髪の毛の薄い場所に移植する方法です。通常髪の毛は1から3つの毛包のグループで成長しますので、このように小さな単位での移植が可能になります、また互いに近接して移植すると自然な外見になります。毛包単位抜去(FUE)機器が使用されます。ストリップグラフトという方法も行われます。患者様自身の毛髪を使用しますので移植が拒絶されることはありません。

手術時間

手術時間は移植する毛の量によります。患者様の要求と外科医の好みによって何回かに分割して手術が行われることが多いです。

麻酔

この手術は局所麻酔の注射で行われます。

入院/外来

外来手術です。

危険性

感染、出血、目に見える瘢痕などの危険性があります。移植した毛包が生着しないこともあります。毛髪採取部ははじめしびれていますが通常2か月以内に正常に戻ります。もし移植手術の後も移植部周囲に自然な毛の脱落が起これば、見た目が不自然でみっともなくなります。追加手術をすることで外見は改善します。

回復期間

数日で仕事に復帰できますがおよそ5から10日は激しい運動を避けなくてはなりません。小さなかさぶたが移植した毛根の周囲にできるかもしれませんが1週間以内に脱落します。移植した毛包は2から4週で脱落しますがおよそ3か月以内に再び生えてきます。最終的な結果は8から10か月後に分かります。

結果

治療部位の毛は永久で色や質感は元の毛と同じように生えてきます。熟練した医師が手術をすればこの手術は自分の自信を高めることに役立ちます。

一般的な形成外科手技には次のようなものがあります:



Cosmetic Procedures

Patient Safety

Cosmetic Surgery FAQS


ISAPS Is Proudly Sponsored By