乳房縮小術


大きな乳房による肉体的精神的症状を改善するために乳房の大きさを小さくします。

手技

乳房縮小術は乳房の大きさを小さくして形を整えます。典型的には乳房の重さや形に問題がある方を対象としています。症状としては腰痛、首の痛み、肩にブラジャーのひもによるへこみが出来てしまう、などです。術前の乳房の形と術後の最終的な大きさによって皮膚切開は異なります。
乳輪周囲とそれに接する水平の切開線が用いられ、それに乳房下縁の切開が追加されることがあります。短切開法は乳房縮小術でしばしば用いられますが切開線を伸ばすことなく乳房のサイズを減少し形態を改善します。
大変大きな乳房の縮小術では、乳輪が外科的に切除され、再び移植されることがあります。乳輪を一旦切除して移植することは乳輪の知覚脱出と授乳の妨げになる可能性があります。

手術時間

通常2-4時間かかります。選択された術式と乳房の大きさによります。

麻酔

典型的には全身麻酔に局所麻酔を併用して行います。小さな縮小術では静脈内注射のみで、全身麻酔を必要としない場合もあります。

入院/外来

乳房のサイズと麻酔の種類そして手術時間の長さによって手術当日に帰宅できる場合と一晩入院が必要な場合があります。

起こりうる合併症

腫れが長続きして傷の治りが悪い。

危険性

乳房縮小術による危険性としては:臨まれない瘢痕、乳頭の感覚脱出、授乳が出来なくなる、乳首または乳房の組織喪失、外貌の改善が得られない

回復期間

通常回復まで1から2週間かかります。ほとんどの患者様はその間に通常の生活に戻ることが出来ます。術後Ⅲ,4週は激しい運動を控えてください。

結果

この手術をお受けになったほとんどの患者様は乳房が小さくなり、形が改善して喜んでいただいておりますし、乳房の重さによる疼痛や不快感などの症状が改善し喜ばれます。乳房縮小術をお受けになることによって肉体活動がより容易になり、術前には着ることが出来なかったよう洋服が着られるようになるなどの外見と活動性の向上を享受していただけます。

ISAPS会員は以下に述べる美容手技に熟達しています:



Cosmetic Procedures

Patient Safety

Cosmetic Surgery FAQS


ISAPS Is Proudly Sponsored By