乳房手術のやり直し手術


それまでの乳房美容手術の結果を高めたり修正したりします。

手技

乳房のやり直し手術を求める最大の理由はインプラントのしぼみ、交換(サイズまたはタイプの変更)、カプセル拘縮、インプラントの位置異常、二重泡変形(お釈迦様の頭のような変形)、あるいはこれらの複合問題です。乳房インプラントが挿入されるときに、インプラント周囲には自然な治癒過程が起こり、これがカプセルと呼ばれるものです。このカプセルは時に難くなったりインプラントを圧迫し乳房の形態を損ないます。やり直し手術の最終目的はより若返った輪郭を回復し魅力的な外観を得ることです。

長さ

乳房の状況によるが、1から2時間

麻酔

静脈内鎮静剤投与を併用した局所麻酔が用いられることがありますが、理想的には全身麻酔

入院/外来

お好みでどちらでも。

起こりうる合併症

初期には色素脱出や腫れ、乳頭や乳房の知覚の変化

危険性

危険性には麻酔の副作用、外科的排液を必要とするような出血及び感染

回復

仕事のタイプによりますが7から10日で仕事に復帰できます。少なくとも術後1か月は乳房を優しく扱う特別な注意が必要です。

結果

育児や体重減少など乳房の伸展性や垂れ下がり具合によります。一般的には術後の結果は安定しています。しかし重力や加齢の影響は結局はすべての女性の乳房のサイズと形態に影響します。

ISAPS会員は以下に述べる美容手技に熟達しています:



Cosmetic Procedures

Patient Safety

Cosmetic Surgery FAQS


ISAPS Is Proudly Sponsored By