乳房拳上術


乳房の形を改善します

手技

乳房拳上術(または乳房固定術)は妊娠や体重の増加によって引き伸ばされた余分な皮膚を切除します。乳房インプラントがより望ましい形態を得るために併用されることがあります。

時間 時間

約2-3時間.

麻酔

全身麻酔で完全に寝てしまいます。この手術は静脈麻酔を併用した局所麻酔でも行うことが出来ます。

入院/外来

患者様の医学的な状態と外科医の選択によって入院/外来どちらでも行うことが出来ます。

起こりうる合併症

一時的な皮下出血、腫れ、軽度の違和感、しびれ、そして乳房の皮膚の乾燥/軟化。

危険性

望まれないケロイド形成が起こるかもしれません。加えて皮膚の喪失、感染、凹凸、乳頭の位置変化(左右非対称)、乳首/乳房の永久的な知覚脱出

回復期間

一週間かそれ以上で仕事に復帰が可能です。一カ月は激しい行動は控えてください。傷が目立たなくなるまで数カ月から一年かかります。

結果

結果は個人個人で異なります。重力、妊娠、加齢そして体重の変化が新たな乳房の下垂に影響することがあります。乳房インプラントを併用することによって新しい乳房の位置を固定するのに役立つことがあります。

ISAPS会員は以下に述べる美容手技に熟達しています:



Cosmetic Procedures

Patient Safety

Cosmetic Surgery FAQS


ISAPS Is Proudly Sponsored By