ミニ/中顔面 リフト


顔の中央部の若返りです。

手技

ミニリフトまたは中顔面リフトとは顔の中央、すなわち下まぶたから上唇までを、年齢や太陽光、重力などでたるんだ組織の位置を修正し、皮下組織のボリュームを増大することです。

手術時間

1から2時間程度

麻酔

全身麻酔または鎮静剤を併用した局所麻酔が用いられます。

入院/外来

同時に施行される他の手術次第で入院/外来どちらでも可能です。

起こりうる合併症

一時的な腫れ、しびれ、顔面の筋肉が弱くなる、ドライアイ

危険性

感染、遷延する腫れ、持続するドライアイ、筋肉が永続的に弱くなる、永続的なしびれなどが起こりえます。

回復期間

仕事への復帰は7から14日後です。より活発な活動は3週間後から再開できます。

結果

通常効果は終生続きます。

一般的な形成外科手技には次のようなものがあります:



Cosmetic Procedures

Patient Safety

Cosmetic Surgery FAQS


ISAPS Is Proudly Sponsored By