安全性のために熟慮すべきこと



効果的であるとはいえ、美容手術は危険性と副作用の可能性を孕んでいます。国際美容外科学会ではこの重要安全性ガイドによって自国以外で美容手術をお受けになろうとしている患者様のお手伝いをします。

ISAPSは患者様の安全性を最優先にしています。

ISAPS会員を見つけてください. セイフティーダイアモンド セイフティーダイアモンドは2010年にISAPSの会長であったフォード ナハイ医師によって考案された安全な美容形成手術に必要な4つの要因を指します:

  • 手技: 患者様にとって適切であること
  • 患者様 :その手技のよい適応であること
  • 医師: その手技を行う資格と十分な経験があること
  • 医療環境: よく訓練された職員と適切な救急処置による安全性が確保されていること

この4つの基準を満たすことによって、手術の安全性と麻酔の成功の可能性が最大になるでしょう。

あなたがお受けになる治療法をよく調べましょう

医学的必要性とは別の理由であなたは手術をお受けになろうとしているのですからあなたは現在考慮中の手術手技のよい適応であるかどうかを確認することが大切です。可能性のある危険性や副作用やこのホームページ中の手技セクションに書かれている回復に必要な時間についても調べてください。 執刀医を調べましょう 注意深く執刀医を選びましょう。一番簡単な方法はISAPS会員をお選びになることです。しっというとして必要な要件としては次のようなものがあります:

  • あなたがお考えの治療に対するトレーニング
  • あなたがお考えの治療の経験
  • 優れた安全記録
  • 倫理的な実践をしていること

医療環境をしらべましょう

基準が国によって異なりますのであなたの執刀医の医療環境を注意深く調べなくてはなりません。あなたの手術が病院で行われるなら、その病院は認定施設であるかどうかを確かめてください。もし外来手術センターでの手術なら、米国外来外科施設認定協会(AAAASFI)の認定施設かどうか調べてください。

医療ツーリズムガイド



Cosmetic Procedures

Patient Safety

Cosmetic Surgery FAQS


ISAPS Is Proudly Sponsored By