医療環境、設備



国によって規制が異なりますのであなたが海外でお受けになる美容外科手術で使用される医療環境、設備が安全なものであるかを判断することは難しいです。 もっとも信頼できる方法はあなたの主治医が認定設備を使用しているかどうかです。認定施設になるにはその病院ないしクリニックが患者安全の基準に照らして包括的な評価と運営がなされていないと合格できません。

ISAPSは美容外科の安全性に注力しています。ISAPS認定外来施設を探してみましょう。

安全プロトコール

世界保健機関(WHO)ではs手術合併症と手術死亡を減らすために19項目の 手術安全性チェックリスト を考案しました。この単純なチェックシルトはちょうどパイロットの飛行前チェックリストのようなものですが、追加費用なしに様々な手術環境で使用することが出来ます。チェックリストは手術の3つの段階に分かれています:

  • 麻酔前まで
  • 執刀前まで
  • 手術室退出前まで

それぞれの段階で指名されたスタッフが次の段階に進む前に、外科チームがリストに上がっている仕事を完遂しているかどうかを確認しなくてはなりません。

病院

もしあなたの手術が病院で行われるなら、その病院が認定施設かどうか確認してください。認定状況や認定母体について執刀医にお尋ねください。健康な患者は感染症のある患者と接触すべきではありません。安全な病院施設では、健康な美容外科患者は不健康な患者と同じ手術室、同じ医療スタッフ、おなじリカバリールームを使用すべきではありません。

外来設備

米国外来外科施設認定協会(AAAASFI)Tは外科設備の認証を与える国際的な組織です。ISAPSはAAAASFIと共同で施設が安全な運営がなされているかどうかを判定する方法を患者様に提供しています。
AAAASFIの認証は、その認定施設が患者様の安全に注力している国際組織に自発的に情報開示を行っている ということを患者様にお示しするものです。認定施設は、設備、手術室の安全性、スタッフと医師の資格証明に対する厳格な国家基準に合致していなくてはなりません。AAAASFIの認定を使用している医師を執刀医として選んだとき、あなたはあなたの手術が最高の安全基準を合致するのだと自信を持つことが出来ます。

医療ツーリズムガイド



Cosmetic Procedures

Patient Safety

Cosmetic Surgery FAQS


ISAPS Is Proudly Sponsored By