鼻形成術 - 国際美容外科学会

Tags: rhinoplasty, japanese

鼻形成術

鼻の外部形態を改善します。

手技

鼻形成術は鼻のサイズを大きくしたり減らしたり、でっぱりを取り除いたり、鼻の先端や鼻梁の形を変えたり、鼻の穴の幅を狭くしたり、鼻と上唇の間の角度を変えることによって鼻の方氏を整えます。この手技は鼻中隔湾曲矯正術と一緒に行うことによって呼吸困難を改善することもできます。

長さ

手術は1時間と少しかかります。

麻酔

全身麻酔または静脈内鎮静剤投与局所麻酔で行われます。

入院/外来

外来手術です。

起こりうる合併症

一時的な皮下出血、目そして/あるいは鼻周囲の皮下出血、出血、鼻閉

危険性

感染、左右非対称、鼻の形が気に入らないまたは不完全な改善(追加手術が必要です)の可能性があります。

回復

仕事への復帰は一週間後です。より活発な活動は2,3週後から再開できます。鼻を圧迫したり日焼けをしたりすることは少なくとも8州は避けなくてはなりません。UVAとUVBの両方をブロックする日焼け止めが有効です。最終結果が出るまで1年あるいはそれ以上かかります。

結果

永続します

  • ISAPSブログへようこそ

    美容形成外科の国際学会(ISAPS)は世界中の美容外科の分野で卓越性を促進するため1970年に設立されました。 社会 特に患者教育と安全性に捧げられています。 このブログは現在の情報を提供するために、尊敬ISAPSメンバー外科医が可能 さまざまなトピックで。 私たちは、公共、メディア、および医療従事者を奨励 正確な美的産業資源として、このブログに依存する。このブログは また、利害関係者との間の通信 … more