静脈瘤、クモ状血管腫治療- 国際美容外科学会

Tags: vein treatment, japanese

静脈治療

顔面、脚、手によくあらわれる見苦しい静脈を見えなくします。

手技

非外科的な静脈治療では、静脈を破壊し体内に吸収させることによって見苦しい静脈を見えなくします。

  • 硬化療法では細かい針を使用して望まれない血管い薬液を注入します。この薬液は(生理食塩水またはグリセリンで作られていますが)静脈の壁を膨化させ、互いに癒着させます。この単純で効果的な、静脈瘤、クモ状血管腫治療は不快感がほとんどなく100年以上使用されています。
  • レーザー血管治療、は顔のクモ状血管腫にもっともよく聞きますが、血管を埋め尽くしている血液の中の色素を熱することによって静脈を破壊します。治療に際しては軽度の不快感が、レーザー照射で治療するときにありますが、麻酔なしで施行することが出来ます。

手術時間

治療にかかる時間は30分から1時間ですが、治療する面積によります。

麻酔

外用麻酔が不快感を取り除くのに使用されることがあります。

入院/外来

医師の診察室で行うことが出来る外来治療です。

危険性

  • 硬化療法 は一時的な皮下出血、茶色い斑点、固まった血液によるふくらみ、腫脹、毛細血管拡張(小さな血管の集合)、皮膚潰瘍そして炎症
  • レーザー血管治療 では一時的な皮下出血、やけど、皮膚色の変化そして神経損傷による不快感の危険があります。

回復期間

静脈治療後速やかに帰宅することが出来ます。運動や激しい活動は静脈が破壊された状態が維持されるよう約一週間避けなくてはなりません。下肢の静脈治療後には治療した静脈に圧迫をかけ続けるために一週間かそれ以上弾性ストッキングを装着する必要があるかもしれません。炎症が招待するまで数日から一週間程度日光被曝を避けることが大切です。

結果

  • 効果療法 は治療部位の血管は3週間から6か月できれいになくなります。
  • レーザー血管治療で治療したクモ状血管腫は約一か月できれいになくなります。

どちらの治療法も望まれない血管が完全に消えるまでは繰り返す必要があるかもしれません。

  • ISAPSブログへようこそ

    美容形成外科の国際学会(ISAPS)は世界中の美容外科の分野で卓越性を促進するため1970年に設立されました。 社会 特に患者教育と安全性に捧げられています。 このブログは現在の情報を提供するために、尊敬ISAPSメンバー外科医が可能 さまざまなトピックで。 私たちは、公共、メディア、および医療従事者を奨励 正確な美的産業資源として、このブログに依存する。このブログは また、利害関係者との間の通信 … more