眼瞼形成術 (瞼の手術) -国際美容外科学会

Tags: eye, eye surgery, Blepharoplasty, japanese

眼瞼形成(まぶたの手術

垂れ下がった瞼の皮膚の引き締めと下まぶたの袋状のふくらみの手術

手技

眼瞼形成手術では上まぶたと下まぶたの若返りを、余分な脂肪、皮膚そして筋肉を切除することによって行います

手術時間

約2時間

麻酔

全身麻酔または静脈内鎮静または局所麻酔

入院/外来

外来手術です

起こりうる合併症

一時的な違和感、眼の周囲の「突っ張った」感じ、腫れ、皮下出血。過剰な流涙、最初の数週は光に対する過敏症が起こりえます。一時的な目の渇き、眼のほてり感、かゆみなどは怒りえますが稀です。

危険性

一時的な目のぼやけ、複視、感染、出血、瞼の両端の腫れ、ドライアイ、稗粒種、治癒過程での軽度の左右差、閉瞼困難(永久に続くことはまれです)、やりすぎによる下まぶたのめくれかえり、永久的な視力喪失はリスクですが極めてまれです

回復期間

術後読書開始は2,3日目からです、そして仕事への復帰は5から10日目です。コンタクトレンズの使用開始は2週間(主治医の判断によります)です。術後飲酒は禁止です。肉体を動かすことと飲酒は3週間後から可能です。腫れと皮下出血が引くまで数週間かかります。

結果

効果の持続が数年の方がいますが、大多数の方は終生効果が持続します。

  • ISAPSブログへようこそ

    美容形成外科の国際学会(ISAPS)は世界中の美容外科の分野で卓越性を促進するため1970年に設立されました。 社会 特に患者教育と安全性に捧げられています。 このブログは現在の情報を提供するために、尊敬ISAPSメンバー外科医が可能 さまざまなトピックで。 私たちは、公共、メディア、および医療従事者を奨励 正確な美的産業資源として、このブログに依存する。このブログは また、利害関係者との間の通信 … more