小陰唇縮小術 - 国際美容外科学会

Tags: labia minora reduction, labia, japanese

小陰唇縮小術

伸びきってしまった小陰唇を新たな形にします。

手技

小陰唇縮小術は拡大した小陰唇を元通りにします。小陰唇肥大は小児期から著明のことがありますが、多くは分娩、加齢、感染など後天的要因で起こります。機能的(洋服を着たりスポーツをしたりするとき)にあるいは美容的に患者様を悩ませます。傷痕がほとんど見えないような方法で皮膚と粘膜を切り取ります。この手術は陰核包皮除去(クリトリスを覆っている皮膚の切除)や大陰唇手術と一緒に行われることがあります。

手術時間

他の手術と一緒に行われるか否かによりますが、通常1から3時間かかります。

麻酔

より良い結果と快適性から全身麻酔で行うことがこの手術の決まりです。しかし患者様によっては局所麻酔を選ばれることがあります。

入院/外来

麻酔から醒めたらその日のうちに退院することが出来ます。

起こりうる合併症

細心の注意を払った手術では大きな合併症は起こりません。時に(5%未満)創離開が起こることがありますが、傷の手当てをしていればこの問題は解決されます。患者様の中には傷痕の幅が広がって後日修正が必要な場合があります。

危険性

この手術に関連する重要な危険性はありません。

回復

手術部位は4-6週間晴れます。術式によりますが、色の違いが起こりえますが徐々に改善します。仕事への復帰はおよそ一週間後、性行為は術後6-8週で許可されます。

結果

上手な手術であればボディーイメージの改善と肉体的快適さが得られ大変満足のいく結果が得られます。

  • ISAPSブログへようこそ

    美容形成外科の国際学会(ISAPS)は世界中の美容外科の分野で卓越性を促進するため1970年に設立されました。 社会 特に患者教育と安全性に捧げられています。 このブログは現在の情報を提供するために、尊敬ISAPSメンバー外科医が可能 さまざまなトピックで。 私たちは、公共、メディア、および医療従事者を奨励 正確な美的産業資源として、このブログに依存する。このブログは また、利害関係者との間の通信 … more