男性乳房縮小術


過剰に肥大した男性の乳房と乳首を縮小して筋肉質の外見にします。

手技

男性乳房縮小術は脂肪吸引や腺組織を外科的に切除することによって過剰に発達した男性の乳房と乳頭を小さくします。

手術時間

約1時間、1.5時間から3時間.

麻酔

全身麻酔または静脈内鎮静剤投与

入院/外来

外来手術

起こりうる合併症

一時的な皮下出血、腫れ、しびれ痛みそして/または燃えるようなチリチリした感触が起こりえます。

危険性

感染、浸出液漏出、皮膚損傷、左右非対称、色素変化、組織を取り除いた場合は過剰な瘢痕、乳首の知覚脱出、輪郭不整、そして時には追加手術で再切除が必要になることもあります

回復期間

術後7日で仕事に復帰できます。より激しい活動は2から3週後に再開できます。腫れと皮下出血は3から6か月後に消褪します。

結果

永続しますが体重増加をすると再び乳房領域が増大することがあります。

ISAPS会員は以下に述べる美容手技に熟達しています:



Cosmetic Procedures

Patient Safety

Cosmetic Surgery FAQS


ISAPS Is Proudly Sponsored By