レーザーによる若返り術- 国際美容外科学会

Tags: laser skin, skin, japanese

レーザーによる若返り術

皮膚の外観と質感を高めます。

手技

レーザーによる若返り術では皮膚の外観、日光でダメージを受けた皮膚、ニキビ跡、水ぼうそうや傷痕、小さな皮膚の割れ目などを治すことが出来ます。この治療では目の周りの小じわや口、頬のしわも直すことが出来ます。レーザーリサーフェシングでも皮膚の緊張を回復しもし日航によるダメージや傷痕があるならそれらを改善することが出来ます。この治療には2種類のレーザーがもちいられます:蒸散型のレーザーでは皮膚表面を削り、凝固型レーザーではコラーゲンの新生を促し真皮の張りを回復します。この方法では有り余った皮膚を減らしたり、垂れた皮膚(頬下)を治すことはできません。
光エネルギーの強い束(レーザー)が皮膚に照射されます。レーザービームが皮膚の最外層(表皮)を破壊します。同時にレーザーが下の皮膚(真皮)を温めコラーゲン繊維を収縮させます。

治療時間

治療部位の大きさと使用する機器の種類によりますが、典型的には30分から2時間かかります。

麻酔

局所麻酔または静脈内鎮静剤投与が行われます。

入院/外来

外来手術です。

起こりうる合併症

かゆみ、腫れ、赤み、にきび、感染、皮膚の色の変化、瘢痕、下瞼のめくれ上がり(眼瞼外反)、軽度の腫れと赤み

危険性

術後にクリームを厚塗りしたり包帯を巻いたりするとニキビを悪化させたり一時的に面皰を悪化させます。色素沈着ないし色素脱出。凝固型レーザーリサーフェシングではヘルペスウィルスの再燃

回復期間

日光被曝の回避、蒸散型のレーザーリサーフェシング後は治療部位は表皮がなく、腫れてかゆみがあります。回復時には定時的に水、生理食塩水または酢酸で治療部位を清潔にし、保護クリームを厚く塗ります。激しい活動は術後1から2週で再開します。赤みを消すために化粧品を使うことが出来ます。

結果

結果は数年持続します。凝固型レーザーによる改善効果は急激にそして劇的に現れるというより徐々に少しずつ表れる傾向にあります。

  • ISAPSブログへようこそ

    美容形成外科の国際学会(ISAPS)は世界中の美容外科の分野で卓越性を促進するため1970年に設立されました。 社会 特に患者教育と安全性に捧げられています。 このブログは現在の情報を提供するために、尊敬ISAPSメンバー外科医が可能 さまざまなトピックで。 私たちは、公共、メディア、および医療従事者を奨励 正確な美的産業資源として、このブログに依存する。このブログは また、利害関係者との間の通信 … more