非外科的体型改善治療

Tags: contouring, japanese

非外科的体型改善治療

非外科的に軽度の脂肪減少と体型の改善を行います。

手技

非外科的に体型を改善し、脂肪を減少する方法には色々な技術がいくつかありますがそのすべては皮膚の下にある脂肪細胞(皮下脂肪)を皮膚傷害なしに破壊するものです。例えばゼルティックでは脂肪を凍らせますし、ゼローナでは低出力レーザーを使用しますし、ウルトラシェイプとリポソニックでは超音波のエネルギーを使用します。ある種の治療原理では複数回の治療を要します。これらの非外科的な治療は正常な体重の方を対象にしております。より大きな脂肪の除去と体型の正確な改善には脂肪吸引が適しています。

治療時間

治療時間は方法と治療する部位のサイズと数によります。

麻酔

不要

入院/外来

外来手技です。

危険性

一時的な紅斑、微細な皮下出血、知覚鈍麻、ピリピリした感じあるいは不快感。ある種の治療では数週間続くことがあります。皮膚表面近くの脂肪を取り除く場合には傷跡が出来る可能性があります。凸凹が起こりえます。

回復期間

ダウンタイムはありません

結果

肉体は自然に治療された脂肪細胞を除去しますが、結果が現れるまで通常2週間からそれ以上かかります。いったん効果が得られたら効果は永久で注意深く食事をして継続的に運動すれば効果は持続します。
*ISAPS (国際美容外科学会)は特定の企業ないし製品の効果を保証するものではありません。

  • ISAPSブログへようこそ

    美容形成外科の国際学会(ISAPS)は世界中の美容外科の分野で卓越性を促進するため1970年に設立されました。 社会 特に患者教育と安全性に捧げられています。 このブログは現在の情報を提供するために、尊敬ISAPSメンバー外科医が可能 さまざまなトピックで。 私たちは、公共、メディア、および医療従事者を奨励 正確な美的産業資源として、このブログに依存する。このブログは また、利害関係者との間の通信 … more